ラボナビ

アクセス件数:

千葉大学 分子画像薬品学研究室

研究室の紹介Laboratories

本研究室では、癌の早期診断や治療効果の早期判定を目的として、細胞内の生理学的、あるいは生化学的変化を非侵襲的に画像として捉える事の可能な分子プローブの開発研究を進めています。また、癌組織に高エネルギーβ-線を放出する標識化合物を選択的に送達する事で、他の方法では困難な癌治療への道が開けると考え、新たなデリバリーシステムの構築について研究を行っています。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.