ラボナビ

福井大学 工学部 機械工学講座 新谷研究室

研究室の紹介Laboratories

 3DCAD・CAE、MATLABを用いて,機械構造物の設計や動的解析を行っています.振動実験や,シミュレーション解析を行い,その解析結果と実験結果の比較検討を行い、モデルの有効性、実験結果の妥当性、装置性能の有効性について考察していきます。
 4年生は、1年間かけると、全員素晴らしい成果を出しています。日々、自分の頭でテーマを考えることが、全て勉強です.調査し、勉強したこと、実験しデータ整理をしたこと、努力したことは全てあなたの身に付きます。また、3DCAD・CAEの研修を行っており、スキルも身に付きます。きっと、あなたの就職後の武器になるでしょう。PDCAのものづくりサイクルの習慣も重要です。文章力向上のための勉強会も開設しています。

研究内容

 今までの研究成果の一つとして、免震装置の開発・研究があります。(株)江沼チヱン製作所との共同研究により、免震装置の開発実験の動画が
https://www.youtube.com/watch?v=ORXW2-DgB3g
https://www.youtube.com/watch?v=1ZSRpebhSXE
に紹介されています

関連リンクLink

新谷研究室では?

  • 課外活動

    フォーミュラカー製作プロジェクト(FRC)のファカルティ・アドバイザー(FA)を行っています。

    全日本学生フォーミュラ大会(Student Formula SAE Competition of Japan)
     最近の工学系大学では、実習や設計・製図などのカリキュラムが減少しており、欧米に比べ、ものづくりの機会が不足しています。
     そこで、2003年8月、社団法人自動車技術会(現在、公益社団法人自動車技術会)を中心として第1回全日本学生フォーミュラ大会(Formula SAE)が開催され、参加校は17校でした。以降、毎年の大会が開催され、年々参加校も増え、2017年の第15回大会では、登録チーム数は113校になりました。

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.