ラボナビ

大分大学 教育学部 藤井康子研究室 小学校図画工作科と外国語活動の教科融合型学習の研究

研究室の紹介Laboratories

小学校図画工作科に英語活動(外国語活動・外国語科)を取り入れた教科融合型学習の内容と指導法について、内容言語統合型学習(CLIL:Content and Language Integrated Learning)の理論と方法を参考としながら、実践的・理論的に研究しています。例えば、小学校外国語活動の目標は、外国語を通して言語や文化の体験的に理解すること、コミュニケーション能力の素地を養うことです。これは、図画工作科の目標である色や形などによるコミュニケーションを通して、生活や社会と豊かに関わる態度や能力を育むことに共通しています。図画工作科の特徴である多様性や異文化の理解、人類共存の意識等は、外国語活動の目標とぴったり重なります。美術の視覚言語は国際言語の教育としての役割を担うことから、美術教育の国際化にもつながると考えています。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.