ラボナビ

アクセス件数:

明治大学 明治大学 理工学部 情報科学科 人工知能研究室

研究室の紹介Laboratories

1994年に人工知能研究室が誕生しました。ディープラーニングの原型であるニューラルネット学習のブラックボックスの謎を解く方法を世界で初めて提案し、京都賞を選定する稲盛財団から研究助成。研究成果は最難関の国際会議でも脚光を浴びました。1993年にビッグデータ解析の理論的基盤となる論文を英文ジャーナルに発表。以降、人工知能の要素技術であるニューラルネット、機械学習、ビッグデータ解析、人工知能の研究に従事してきました。『ビッグデータ』という言葉が語られ始めた2012年から高精度ビッグデータ解析の世界のトップ研究集団入り、2015年からビッグデータ解析の中枢部であるルール抽出技術の研究成果が世界第1位を独走し現在、革新的な人工知能技術を駆使するディープラーニング(深層学習)の透明化技術(ブラックボックス性の解消技術)を提案して、完全自動化運転実現、医学画像デジタル・パソロジー(病理学)による乳がん病理画像診断、マンモグラフィー放射線画像診断、網膜画像診断、新世代創薬・バイオテクノロジー、プレシジョン医学等で独創的な研究をしています。また、人工知能を用いた糖尿病、肝臓病の早期発見、クレジットスコアリング等の金融工学に注力しています。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.