ラボナビ

アクセス件数:

岡山大学 東アフリカにおける作物ストレス科学研究ネットワーク拠点形成と次世代作物の開発利用

研究室の紹介Laboratories

日本とケニアに形成される2つの拠点において、①作物が受ける各種ストレス(大気・土壌・生物)への応答機能解明への基盤研究、②ストレス耐性系統イネ・ムギなどの既存リソースの活用を目指す。これまでの交流実績を生かし、交流期間内に一部の作物において、次世代作物の試験栽培を開始する。これらの交流は、既存の「植物ストレス科学研究ネットワーク」などもフルに活用し、次代の作物ストレス科学研究を担う若手研究者にも参加してもらう。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.