ラボナビ

九州大学 片山研究室

研究室の紹介Laboratories

本研究室では、細胞機能への工学的アプローチを通し、新しいバイオテクノロジーの創製を目指しています。具体的には、標的細胞選択的に薬物や遺伝子を送達したり、遺伝子発現を制御したりできる新しい送達概念、新しい遺伝子治療法、ゲノム情報の産業利用のための細胞内シグナル網羅的解析概念、病変部位特異的診断法等の創製を目指し、種々の新規高分子材料やステント等を用いる遺伝子治療法、バイオチップやタンパク機能解析用バイオセンサ、機能化造影剤等の開発を、CRESTやNEDO等の種々のプロジェクトを軸に精力的に展開しております。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.