ラボナビ

姫路獨協大学 薬学部 医療薬学科 生物物理化学研究室

研究室の紹介Laboratories

 細胞は細胞膜で覆われ、生きるための反応の多くが膜中で起きています。私たちは、「膜」のなかの分子をそのまま捉え、薬物の膜輸送(ドラッグデリバリー)のメカニズムを明らかにする研究を行っています。核磁気共鳴(NMR)を駆使して、細胞と薬の’分子の姿’を捉えます。生体が多量の水を含むことから、水中の「生きた細胞」と「脂質膜」へのデリバリーを溶液NMRによって原子のレベルで理解し、新たな切り口から創薬への貢献を目指します。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.