ラボナビ

岡山大学 資源植物科学研究所

研究室の紹介Laboratories

研究所は現構成員は総勢120余名で、教員31名の組織ですが、13の研究グループを構成して、微生物からモデル植物や作物に至る資生物を対象とした遺伝および生理、特に各種ストレス環境に対する反応について様々な角度から取り組んでいます。これらの研究成果は、Nature, PNASなどに発表されています。また、学会賞などの受賞者も多く、特に農学賞(昭和17年以降は日本農学賞)については、初代所長の近藤万太郎博士以後、12名もの研究所関係者が受賞の栄誉に浴しています。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.