ラボナビ

アクセス件数:

長崎大学 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム
ナノ空間を反応場・デバイスとして活用する物質科学国際研究拠点の構築

研究室の紹介Laboratories

本事業実施主体グループは、これまで合成反応に立脚したCO2挿入反応、CO2を固定化させるための有機金属錯体と触媒サイクルへの展開、光化学・電気化学的手法によるCO2還元反応や錯体化学を基盤とする光機能性材料の開発を行ってきました。また、ナノサイズ制御によるカーボンナノ多孔材料を利用したリチウムイオン電池や電極触媒特性を保持する高感度センサの開発に取り組んでいます。これらの業績は国際的に高く評価され、審査付き国際論文として多数引用されています。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.