ラボナビ

アクセス件数:

資料請求の基礎知識

Column

資料請求の基礎知識

高校二年生のみなさんはこれまで大学の資料請求をしたことがありますか? 早い人は一年生のときにしたことがある人もいるようですが、大半はこれからの人が多いのではないでしょうか。 そこで今回は「大学の資料請求ってなに?」といった素朴な疑問から資料の取り寄せ方、資料への目の通し方まで順を追ってご説明します。

大学や専門学校の資料請求ってなに?

いわゆる各大学・専門学校がそれぞれに用意した高校生やその保護者に向けた、入学に関する案内パンフレットです。 その学校の理念や特色、生徒さんの声など、その資料でしか知ることのできない細かい情報が掲載されています。 資料は無料で請求できるものが一般的ですが、一部の大学・専門学校、大学のなかでも一部の学部などによっては有料の資料を用意しているところもあるようです。 有料か無料かは資料請求するときにわかるので、気になった大学・専門学校があれば、迷わずどんどん資料を請求しましょう!

いつ、どうやって取り寄せればいい?

高校二年生のみなさんはそろそろ大学進学するか専門学校に行くか、あるいは就職するかという進路を考える時期に差し掛かっていることでしょう。そんな進路に悩みを抱えている今が資料請求のチャンスです。漠然とした自分の不安や悩みを払拭してくれるような、わくわくする情報に出会えるかもしれません。 資料請求の方法は簡単です。各大学のWebサイトにある申し込みフォームや、資料請求のページから名前や住所などの必要事項を記入すれば数日~数週間以内に資料が届きます。

パンフレットで注目するべきところ

授業の中身

学部や学科はもちろん、どういった内容の授業があるのか、自分の興味がある思わぬ情報に出会えるかもしれません。

学習環境・設備

パンフレットは大抵フルカラーなので、学校の雰囲気や設備の充実度を知る上でもとても役に立ちます。

学費・奨学金制度

その学校に通うには費用がどれだけ必要なのか、奨学金制度を受けるための条件はどんなものかに目を通しておくことも大切です。

取得できる資格

その学校に通うことで取得できる資格・スキルはなにかを具体的に把握できます。

主な就職先・就職実績

高校二年生のみなさんにはまだまだ先のことに思えるかもしれませんが、その大学の就職率や就職先を調べておけば、「将来こうした職業につくことになるのか…」という漠然としたイメージを持つことができます。

生徒さんの声

やはり一番注目したいのは、実際に通学経験のある生徒さんの声を知ることです。学校側の提供する情報とは違う目線で語ってくれるので、貴重な情報源となります。

学校側のサポート体制

もし自分がその学校へ進学した際、生徒へのサポート体制は充実しているか?というのは大事なポイントになります。

紙からWebへ

一部の大学・専門学校では紙の資料請求は行わず、Webサイトでのみ資料を閲覧できるシステムにしているところもあるようです。この流れは今後も増えるかもしれませんが、紙でじっくり見ることができる資料とWebで手軽に見ることができる資料のどちらにも良さがあります。

粗品がもらえるプレゼントキャンペーンも

大学や専門学校に資料請求をすると、もれなく図書カードやQUOカードなどがもらえるキャンペーンを実施しているサイトもあります。これは学生の特権なので利用しない手はないでしょう。少しでも気になる大学・専門学校があれば片っ端から資料請求を行いましょう。

さいごに

高校二年生のこの時期に本記事をさいごまで読んだあなたはおそらく意識が高い学生さんでしょう。今はまだ進級したばかりで進路のことや資料請求のことを考えている学生さんは周りに少ないと思います。スタートダッシュを切るチャンスを掴むためにも、今この時期に資料請求をして、パンフレットに目を通して将来へのモチベーションを高めていきましょう!

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.