ラボナビ

アクセス件数:

大学の基礎知識

Column

大学の基礎知識

今回のテーマは大学の基礎知識ということで、これから大学生になるあなたたちにどうしても伝えておきたいことがあるので、それをお伝えしようと思います。

これまでの高校生活では受動的な姿勢で取り組んでいても、授業ははじめから時間割が組まれていました。40人ほどのクラス単位で同世代の人たちと行動を共にするので、その中で決まった友人ができたりして、ある意味受け身の姿勢でもそれなりに楽しい学校生活が送れていました。
しかし、大学では受講する授業はもちろん、時間の使い方、付き合う人間関係もすべてあなた次第。
高校時代とは違って大学は基本的に「自由」なのです。自由といえば聞こえはいいですが、その分自分の選択への責任が増し、向上するも堕落するもあなたの行動の結果がそのまま返ってきます。そして、その責任を負うのも自分自身なのです。

最初から怖いことを言ってしまいましたが、大学はそれだけ自分の行動によって、いかようにも生活が今後の人生を変えてしまうということです。
こんな貴重な機会は大学ならではの経験で、大人になってから「大学生のときもっと積極的に行動しておけばよかった…」という話は周りの大人たちの口から、これまでたくさん聞いてきました。
これから大学生になるあなたたちには、そんな後悔をしてほしくありません。

大学ではたくさんのチャンスに恵まれている分、高校生のときのような受動的な態度でいては、せっかくのチャンスを逃してしまいます。
日本人には消極的な人が多いと言われていますが、大学はまだまだ色々なことに挑戦し、失敗することが許される貴重な場でもあります。
経験に失敗はつきもの。若いうちにたくさん失敗して恥をかいておくことで、大人になり社会人になったときにそれは自信という代えがたい財産になります。
失敗を恐れずほんの少しの勇気を出して、色々な場所に足を運んだりして何事にも積極的に取り組む姿勢を心掛けましょう!

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.