ラボナビ

アクセス件数:

愛媛大学へ『Renom』マシンの設置

愛媛大学 大学院理工学研究科の大塚先生のもとへ、Renomマシンの設置にお伺い致しました。

今回は、特別に福岡から技術課のスタッフにも同行頂き、先生の研究に最適化した状態で納品させて頂きます。

Renomとは?

AI 開発プラットフォーム「ReNom」は、誰でも簡単にデータ解析や AI 開発ができるようにすることと、高度なアルゴリズムを自由に組み合わせて使えることを目指しています。ReNom は、ディープラーニングにとどまらず、機械学習のアルゴリズムや TDA、深層強化学習など、さまざまなアルゴリズムを組み合わせるアルゴリズムミックスを提唱しています。API の提供だけにとどまらず、さまざまなデータ処理ユーティリティやGUIアプリケーションでモデルの開発ができるSDKを提供しており、幅広い産業分野で活用されています。
ReNom.jpでは、AIに携わるエンジニアの方が実用可能な知識を得て活用していただけるよう、AI開発に必要な知識やユースケースをチュートリアルとして公開。基本理論からデータ分析手法までソースコードを公開しており、数式が苦手な方にも理解できるため、エンジニアの人材育成に活用可能です。

特徴1

各層を自由に接続可能で、日々複雑化しているディープニューラルネットの構造を自由に構築でき、一般的に実装が難しいとされる再起型ニューラルネットワークなども容易に構築する事ができます。

特徴2

機械学習を誰でも使用する事ができるよう、プログラミングする事なくJSONファイルで定義する事ができ、さらに、プログラマーにも大きな自由度を与え、研究者などが行う高度なチャレンジも実現可能にしています。

特徴3

機械学習では、より複雑で、多層なネットワーク構造が求められるようになってきております。
過去のフレームワークでは、複雑なネットワーク構造になると、そこで行われる計算に必要なリソースを最適にする事が難しかったが、ReNomでは、ネットワーク構造を自由に構築する事と、メモリ管理を両立させる事を目指しました。ユーザーが自由に設計したネットワークの計算に必要なリソースを自動的に理解し、学習時に必要な全ての計算内容を最適化しています。

特徴4

ReNomでは、ユーザーが個別で設計したネットワークに最適化されたプログラムを動的に生成する事で、計算内容を最適化し、高速化を実現しています。また、さらなる計算速度向上のため、GPUをサポートし、演算処理を高速化しています。さらに今後は、新たなアルゴリズムを追加し、計算方法自体を変えてしまう事で、計算スピードの高速化を目指します。


  ☟更に詳しい条項は此方から☟

少し?トラブルも発生しましたが、無事設置を終え、起動完了。
これから学生の皆さんが実際にマシンを利用して色々チャレンジされ、研究が進んでいくことを期待しております。
PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.