ラボナビ

laboナビ進学オンライン

明治大学農学部農芸化学科専任准教授中林 和重

中林 和重先生

明治大学農学部農芸化学科専任准教授。植物工場の実用化と普及に関する研究を続けており、特に屋外ハウスでの固形培地(サンゴ砂)を用いた養液栽培を得意とする。生体電位を調べることによって植物体の元気さ(貧栄養状態)を診断する装置開発も手掛ける独立独歩の研究者

LABOナビ進学では

中林 和重先生の記事は、LABOナビ進学の14,15Pに掲載されています。

データでLABOナビ進学を
読むときはこちら

―どんな人材を育てたいと考えていらっしゃいますか?

 人の役に立つ高付加価値の技術者を育てたいと思っています。高付加価値というのは、例えば農学部と理工学部の間を埋めることのできるような幅広い知識を持つ技術者のことです。私自身、無線や電子・電機に親しんできた農学と理工の狭間の人間なので、新しい発想で新しい発見ができたのかなと思います。ですから、学生には栽培システムの電子回路から全部勉強させて、手仕事を通じて技術者の楽しさを伝えています。現場で自分の手足を動かしてデータを取り、機械やシステムが壊れたら自分で修理できるような技術者を育てたいですね。

―高校生にメッセージをお願いします。

 私の願いは、農家が儲かる社会をつくることです。日本は食料自給率も低く、農家の高齢化が進む一方で後継者がいないという問題を抱えています。心がけで清く正しく頑張れと言っても限界がありますから。儲かるようになれば後継者も出てきます。研究室に来る学生には、植物を育てる癒しを求めて来たのならそれは違うよと話しています。こちらは、植物を生業にしている人たちの生活を少しでも豊かにして癒しを与える立場なんだから、と。ぜひ自分自身のスペシャルな部分を早めに見つけて、人のために何かを成すことのできる人になってください。

laboナビ進学オンラインTOPへ戻る

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.