ラボナビ

laboナビ進学オンライン

中京大学 経済学部 経営学科中村 雅章先生

名古屋工業大学大学院を修了後、中京大学経営学部に着任。客員研究院として南オーストラリア大学に滞在し、2002年には教授に就任。経営工学、情報管理、経営情報学、経営戦略学などを学んできた経験をもとに、ビジネス戦略を研究している。

LABOナビ進学ONLINEでは

中村 雅章先生は、LABOナビ進学の18,19Pに掲載されています。

データでLABOナビ進学を
読むときはこちら

中村先生の研究について教えてください

経営学と言っても分野は幅広いのですが、私が研究しているテーマは主に3つあります。
①企業が競争を勝ち抜くための経営戦略論
②今の時代に欠かせない情報を活用した情報戦略論
③人間の意思決定、具体的には行動やコミュニケーションに関する、意思決定論です。
ちなみに最近のテーマではオムニチャネル戦略も研究のテーマの一つです。
オムニとは“全体の、すべての”という意味で、チャネルとは“顧客との接点”を意味します。
ネットやリアルの店舗の境い目がなくなる中、消費者がどう消費活動を進めていくのか。
受け身の消費者に対してどうすれば購買意欲を高められるのか。
企業が促すためにどうのような仕掛けを行うかなど、最新のマーケティングについても研究しています。

先生から高校生のみなさんにメッセージをお願いします

考えることは大事。ですが、とにかく行動してみることをオススメしたいです。
一般に意識を変えれば、行動が変わると言われています。
ですが、これは脳の機能とは逆。
実は行動を変えれば、意識が変わるのです。例えば、机に座って本を読む、行動することでやる気がわいてくるのです。
今は変化が激しい時代、100%計画を立ててその通りに進めるのは難しいでしょう。ですから、50%メドが立てば、まずは行動してみる。躊躇せずに失敗も含めてチャレンジしていただきたいですね。まずは行動することを意識して毎日を大切に過ごしてください。

laboナビ進学オンラインTOPへ戻る

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.