ラボナビ

アクセス件数:

大学受験にかかるお金の話

Column

大学受験にかかるお金の話

 今回は大学受験に掛かるお金の話というテーマでお話したいと思います。
多くの場合、受験に掛かる費用は親御さんが負担してくれる場合が多いでしょう。そして親御さん自身はその金額や内訳について、子どもに話したりすることはないと思います。それは試験勉強に集中している子どもに対して余計な心配をさせたくないという親心の表れでもあります。
しかし、大学受験に必要な金額について高校生のあなたたちが知っておくことは、とても大切なことです。
なぜなら、試験はタダではなくお金が掛かるのだということを認識しているかいないかで、試験に対する意識や姿勢が変わってくるからです。
大学の受験料は決して安くありません。また、試験会場が遠方にある場合は、交通費や宿泊費が別途掛かってくることになります。
親御さんへの感謝の気持ちを忘れないためにも、大学受験において必要なお金の金額や内訳について少しでも知っておきましょう。

それぞれの試験に掛かる費用

  • センター試験・・・・3教科以上 18,000円、 2教科以下 12,000円
  • 国公立大・2次試験(平均)・・・1校につき 17,000円
  • 私立大・一般入試(平均)・・・1校につき 約30,000~35,000円

願書用紙

センター試験の願書や国公立大の願書は基本的に無料ですが、私立大の場合は1校あたり1,000円前後支払うのが相場となっています。

交通費及び宿泊費

県外の大学を志望している場合、新幹線などの交通費が掛かります。また、日帰りというわけにはいかないのでホテルに宿泊する料金も発生することになります。
住んでいる地域や、受験する大学と現在住んでいる場所との距離の兼ね合いで交通費は変動してきますが、交通費だけでもばかになりません。

まとめ

当然ですが、受験する大学が増えれば増えるほど、その費用はかさんでいきます。
その費用をなるべく抑えるためにも、手当たり次第に大学を受けるのではなく、自分が本当に行きたい大学を厳選して受験するようにしましょう。

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.