ラボナビ

アクセス件数:

名古屋大学 大学院 低エネルギー情報ネットワーク用光・磁気・超伝導融合システム

研究室の紹介Laboratories

低炭素社会の構築には、データセンターなどの情報ネットワーク施設の低消費エネルギー化は不可欠です。本研究では、新しい単一磁束量子回路を採用し、マイクロプロセッサや高速メモリを開発します。また、磁性体を利用した新しい大容量メモリを開発します。さらに、超伝導単一光子検出器を利用した光入力技術も取り入れ、データセンターの核となる信号処理システムの低消費エネルギー化を目指します。

関連リンクLink

キーワードKeywords

PAGE TOP
Copyright (C) Applied Corporation. All Rights Reserved.